白ニキビの治し方@評判のニキビケア商品ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

白ニキビでお悩みのあなたへ

topimage
頬やおでこにできてしまう白ニキビにお悩みではありませんか?女性であれば誰しも一度は悩んだことのある白ニキビ。

しかし、白ニキビの正しい治し方を知っている人は少なく、多くの女性が間違ったケア方法で、肌を傷めてしまっています。そこで、このサイトでは、白ニキビの正しい治し方・予防方法のほか、効果があると評判のニキビ専用ケア商品をランキング形式でまとめました。

ぜひ、あなたの白ニキビケアに役立ててみてください。
 

白ニキビ対策にオススメ!人気ケア商品ランキング

チュルン

chu

チュルンは、お顔の白ニキビ専用の集中ケアパックです。多くの美容専門雑誌や新聞など、メディア掲載多数の実力派。お顔に突然大量発生する白ニキビをケアしてくれます。

ニキビケアは刺激が強そうで不安だったり、殺菌効果のものはお肌に合いにくいという方こそ、徹底保湿と肌サイクルの正常化を目指すチュルンが効果抜群です。チュルンの角質柔らか成分で、白ニキビがポロっと取れてくれます。さらに、卵の卵殻膜類似のラッピング効果によって、刺激を防ぎしっかりとお肌を守ってくれます。また、内部からの水分の蒸発を防ぐので、インナードライ対策もばっちりです。敏感肌に優しい添加物フリーなので、安心して使えますね。

btn
 

プロアクティブ

pro
ニキビケアNO.1のプロアクティブは、白ニキビの予防はもちろんのこと、白ニキビによる肌荒れや毛穴の汚れや黒ずみの悩みを一気に解決してくれます。

繊細な日本人の特有の肌を研究しつくした3ステップケアで、ニキビを予防しながらうるおいを保持し、美肌へと導きます。じっくり使い続けて、健康的でクリアな素肌へと導いてくれます。プロアクティブでは日々の研究の結果からニキビに素早く働きかけるシステムや成分を配合しています。さらに、肌へのやさしさにこだわりつつ、 よりニキビに効果的なスキンケアへと進化しつづけています。

肌に合うか不安という方には、初回セットをじっくり試せる60日間返金保証がついているので安心ですね。まずは自分の肌でじっくりと試してみて、効果を感じることが大切です。ある程度使ってみないと効果が分からないスキンケア製品にとってはとてもうれしいシステムです。

btn
 

ルナメア

luna
ルナメアは富士フィルムが開発したニキビケア商品です。植物の優しさと浸透力で毛穴からきれいにしてくれます。大人ニキビや繰り返すニキビ、生理前のニキビなど、なかなか改善しないしつこいニキビにも、富士フィルムだからこそできた独自のアプローチで解決へ導きます。

とくにニキビケアにうるおいが大切ということは言われていましたが、富士フィルムが独自の解析技術で、うるおいが部分的に減少する脱水毛穴状態が大人ニキビの要因になると解明しました。そこから研究を重ね、ルナメアは植物の優しさがしっかり詰まった植物繊維が、毛穴のつまりを優しく除去してくれるファイバースクラブに、潤いとニキビ有効成分をニキビの元に直接届けるアクネシューターで優しく続けられ、効果を実感できるものになっています。アクネシューターは独自のナノ化技術によって作られており、より確実に有効成分をニキビの元に届けられ、集中ケアが可能になっています。

btn

 

自宅で簡単にできる白ニキビの治し方

どんなに小さくてもニキビなら跡に残らないようきれいに治してしまいたいですよね。
初期状態の白ニキビをきちんとケアする事が後々のニキビ跡を防ぐ予防にもなりますのでとても重要です。
そこで自宅でできる白ニキビの治し方についてお話しします。

白ニキビのケアで絶対にやってはいけない事

白ニキビの対策でやってはいけないこと原因となる毛穴に詰まった汚れを無理に押し出そうとしたり、つぶしてしまおうとするのは絶対にやめてください。炎症を起こして赤ニキビになってしまったり、また繰り返したりと根本的な解決になりません。よって、ニキビを触らないというのも一つの治し方です。手の雑菌も侮れません。

白ニキビケアにおいてのポイント

優しく、丁寧に行う

優しく、丁寧に行うスキンケアは丁寧に行いましょう。
洗顔は先に手を洗い清潔な手でしっかり泡を立てて撫でるように洗う、すすぎは全体を時間をかけてぬるま湯で洗顔料が残らないよう洗い流す、清潔なタオルで水気を優しくしっかりふき取るといった基本的だけど忘れがちな丁寧さを念頭に置いて行ってください。肌は刺激に弱いものです。どこまでも丁寧にやりましょう。

体内から白ニキビをケアする

体内から対策するまた、体内から白ニキビをケアするためには食事はとても重要です。
美肌をつくり皮脂を抑制するビタミンC、血行促進で皮膚を健康に保つビタミンB6、新陳代謝を手助けするコラーゲンなどを意識して摂取するようにしてください。

また、ストレスによる皮脂の分泌という原因も侮れないのでしっかり寝てみるなど、自分の時間をとって甘やかしてみると意外とすぐ白ニキビの数が減ってしまう場合もあります。

心もゆとりをもって生活中でケアをしてあげてみてください。

 

専門のクリニックでの白ニキビの治し方

専門のクリニックで白ニキビを治す方法自宅でできる白ニキビのケア方法も沢山ありますが専門家の治療というのは効果も安心感も抜群です。
白ニキビができたら最初に相談に行くことでその後の回復度はかなり違うと思います。ニキビ治療を専門とする病院もありますのでお近くのものを一度探してみてください。

一般的な専門クリニックでの白ニキビの治し方について

では、どのような白ニキビの治し方があるのかみていきましょう。

専門クリニックでの白ニキビの治し方その1:飲み薬、塗り薬による治療

まずは白ニキビの治し方として一般的な飲み薬、塗り薬による治療です。

炎症を抑えたり、皮脂の分泌を抑えたりと効果は様々なものがありますが、担当医と話し合い、自分に合ったものを服用しましょう。場合によっては刺激により皮膚があれたりする副作用が出る時もありますのでそういうものだと思い込まずに困った際は我慢せず担当医に相談してください。

専門クリニックでの白ニキビの治し方その2:直接穴をあけて汚れを取りだす治し方

また、白ニキビの治し方として、直接穴をあけて汚れを取りだす治し方があります。

自分では危険で難しい治し方ですが、専門家ならではの手際と専門の器具を使って安全に皮脂や角質を取り除いてくれます。しかし、一つ一つ行うのであまり多くの白ニキビができた場合には時間もかかるので薬の方がいいかもしれません。

専門クリニックでの白ニキビの治し方その3:ケミカルピーリング

そして特徴的な治し方として「ケミカルピーリング」という治療方法もあります。
これは薬剤を肌に塗り、古くなった角質や毛穴に詰まった汚れなどを溶かして一掃するという治し方です。ニキビにだけというよりも肌全体の再生を促してくれるので肌トラブル全体の治療法として人気のある治し方です。

以上のように専門的な治療法が様々ですので白ニキビに困った際には一度受診することをオススメします。

 

間違った白ニキビの治し方

間違った白ニキビの対策方法自宅でできるもの、専門のクリニックでの治療法といった白ニキビの治し方についてご紹介しましたが、ついやりがちな間違った白ニキビの治し方についてもご紹介します。

間違った治し方その1:ニキビをつぶしてしまう

まずは前述した毛穴の汚れを押し出してしまう、ニキビをつぶすなどといった無理やりなケアです。専門医の治療法として適切な方法とタイミングでつぶすという治し方もあるようですので、どんどんつぶすという人もいるようです。しかし、自身で行うとなかなか上手くいかないですし、雑菌が入ってしまうと炎症を起こしたり危険がありますのでやめておいた方が得策です。せっかくまだ炎症を起こす前の白ニキビですので無駄に刺激を与えて悪化させてはもったいないです。丁寧なケアを心がけて進行させないうちに消しましょう。

間違った治し方その2:必要以上に洗顔をする

そして皮膚の汚れが溜まった状態の白ニキビには洗顔がとても重要になりますが、ここにも注意です。
白ニキビができた事に焦ってしまい、詰まった汚れを落とそうと何度も洗顔すると肌のターンオーバーがかなりのものになり、必要なものも落としてしまいます。さらに刺激から毛穴が開いてしまって汚れが詰まりやすくなるのでむしろ白ニキビの原因となります。

洗いすぎないスキンケアにする事で肌が余裕を保つことができます。
また、洗顔時にゴシゴシとタオルなどで行うと肌を傷つけてしまいますので泡をしっかり立てて優しく撫でるように洗ってください。

良いと思うケアもやりすぎると逆効果なので適度な回数、丁寧なやり方を守りましょう。

 

まとめ

まとめ以上が白ニキビの原因や治し方についての紹介です。

朝自分の顔を鏡をみて顔たくさんの白ニキビができていたらとても気分が下がりますよね。
その日一日、またはニキビができている間は人に会いたくなくなってしまう人が沢山いるのではないでしょうか。

そんな日を一日でも少なくする為に適切なケアを行ったり病院で治療を受けることでなるべく早く悩みを解消しましょう。

一番の予防は生活習慣を整えて健康に過ごすこと

一番の予防は生活習慣を整えて健康に過ごすこと今回は白ニキビができてからのケアの方法をたくさん紹介しましたが、できるだけ発生しないように予防する治し方も沢山あります。
予防といっても健康的にすごし、皮膚を刺激しすぎないという点を守れば十分ですので普段から意識してみてください。

その意識を持って普段から正しい洗顔ケアを行う、生活習慣を整えて健康に過ごすなどはとても重要です。

それらが乱れると肌は素直に反応してしまい、肌が荒れ、結果としてニキビを発生させてしまう要因になります。そのようなつながりがあるので、ある意味自分でも気づかない体の問題を知らせてくれるサインにもなります。

 

みんなの白ニキビ体験談・口コミ広場

みんなの白ニキビ体験談・口コミ広場

鼻の頭に白ニキビが出来るととても困ります【30代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ敏感肌なのでニキビが出来やすいのですが、一番困るのが白ニキビが出来る事です。
赤ニキビだと色は目立っても治りは早いのですが、白ニキビは潰れると膿が出て余計酷くなるのです。
特に嫌なのが鼻の頭に出来た時で、鼻炎なのに触ると痛いせいで鼻をかみにくくなってしまいます。

白ニキビが出来るのは寝不足だったり、ポテトチップス等のスナック菓子やピーナッツを食べた時、生理前・中です。
ですからなるべく0時前には寝たりスナック菓子やナッツ類を控えて野菜を食べたり、ストレスを溜めないようにしています。
後は白ニキビが出来ている部分になるべく触れないように、洗顔には気を使っています。
乾燥もしないようにと保湿化粧水やパックもして整えると、治りは割と早くなります。

白ニキビは何気に細かい【30代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ白ニキビといいますと、よく小さいものができるときに出てくるイメージがあります。
多くはそこまでひどくありませんから、ほっておてもそこまで問題ないなと思いますが、油断しているとちょっと困ったりしました。
白ニキビとはいえ、その数は多く、意外にこんなところにという感じで細かいものができますから結構しらみつぶしにするのが大変です。
また、ほっておくと症状がひどくなって赤ニキビとかになりますし、誤って潰してしまいますと傷が治るまで結構時間がかかることもあります。
そんな風に意外にめんどくさかった経験が白ニキビにはありました。

白ニキビを綺麗に治す方法【20代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ白ニキビって、意外と目立つので出来ると気分が沈みますよね。
だけど、他のニキビに比べて治りやすいという事実があります。
というのは、白ニキビは赤ニキビのように炎症をおこしていない状態なので、詰まってしまった皮脂を綺麗取り除けば、元の毛穴に戻るというわけです。
そのためには、しっかりとした洗顔が大事。
白ニキビを潰さないように上手に洗ってあげましょう。
間違っても白ニキビを潰して、正常な肌を傷付けないように注意して下さいね。
また、いくら白ニキビといっても、紫外線に長時間あたるなど不必要な刺激を受け続ければ炎症を起こす可能性が高くなりますので気を付けましょう。

白ニキビと私の青春について【30代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ私はニキビが出やすい体質で、15歳くらいからあばた面となり、30歳を迎えた今でもニキビに悩まされている。やっているケアとしては、ニキビによくないとされる睡眠不足や栄養の偏りに気を付けることと、こまめな洗顔である。こまめに洗顔することによって毛穴の汚れを落とすことによって白ニキビが発生しないように気を付けていました。

あとは、あんまり脂っこいものを食べない、糖質の多いお菓子もなるべく食べない、適度に運動をする、というのを続けてきたところ、白ニキビの発生はだいぶマシになったように感じます。
白ニキビでお悩みの方は是非、気持ちよく汗が欠ける程度の運動をやってみてください。

白ニキビケアの実践と効果【40代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ学生時代にはニキビとは無縁だったのですが、社会人になりストレス等で急に白ニキビに悩まされる事になりました。最初はどうしていいか分からず、最悪な事に1つ1つ潰してしまいました。潰した箇所は赤く炎症を起こし、ますます肌が荒れ始めてしまいました。そして、また新たに白ニキビがどんどん出来るという負のスパイラルに陥ってしまいました。なんとか改善しようと、ネット等で色々調べ、化粧水なども高いものに変えました。が、全然効果はなく余計に悪化していくばかりでした。もう半ば諦めモードで、洗顔料もなし、化粧水もなし、スキンケアは馬油のみにしました。すると、1週間で肌荒れは落ち着き白ニキビも出来なくなってきました。1ヶ月も続けていると、肌荒れもニキビもない綺麗な肌になりました。色々とニキビに効くという薬や化粧水を使うより、シンプルに馬油のみの方が肌に負担もなく、治りが早いと思います。

思春期はニキビが最大の悩みでした【40代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ若いころは男性ホルモンが多い体質だったようで、毛も濃ければニキビもたくさんあって、それはそれは暗い気分でした。額、鼻のまわり、あご、生え際、顔と首の境目のどこかに毎日10個近い新しい小さな白ニキビが生まれていました。ニキビケア商品は色々ためしてみました。化粧水タイプの商品は何をつけても効果がありませんでした。クレアラシルはできてしまったニキビに効くことは効きますが、次々新しいものができるので、ちょっと数が減ったかな?というくらいにしかならず、まず予防しないとだめだと知りました。

結局予防に一番効果があったのは皮膚科で治療を受ける事でした。明らかに発生がかなり抑えられ、その上でできてしまったニキビをクレアラシルで叩く、という治し方に落ち着きました。ただ当時は中高生、お小遣いから美容にかけられる金額は限られていましたので、もう少し品質の良いコスメやサプリを使えば結果は変わったのかなとも思います。(ちなみに化粧品はだめでしたが、皮膚科の医療費だけは親に出してもらえました)

白ニキビにはイソジン軟膏が効きます。【30代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ大人になっても白ニキビは出現するんですよね。口周りのあごや鼻の下など人目に付きやすいところにできる厄介なものです。私は気になるので膿を出してつぶしていたのですが、イソジン軟膏が効くという事を知り使うようになりました。イソジン軟膏はあのカバのCMでおなじみのイソジンうがい薬と同じものです。最初、子供の水いぼに効くという記事を見て購入したのですが、イソジン軟膏に含まれている「ポビドンヨード」が殺菌・消毒効果があるという事でニキビにも効くという事でした。イソジンうがい薬同様、茶色でべたっとした軟膏ですが、試しにニキビに塗って寝ると次の日には小さくなっていました。効果大ですよ。

白ニキビにはこれが効く!【30代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ気づいたら白ニキビが顔に出来ていることありますよね。白ニキビには早期で正しく治療することが大切です。もし行けるのであれば皮膚科に行くのが良いですが時間がないと言う方にはこれがおすすめです!その治し方は、とにかく肌を清潔な状態にしてニキビには触れないこと。そして夜洗顔をしスキンケアをする時にいつもより乳液は少なめにして白ニキビの上に、PAIRという塗り薬を乗せて寝る事です。いろいろなニキビの薬やビタミン剤を試しましたが白ニキビの状態でしたらPAIRを塗ればすぐに治ります。ドラッグストアに販売されているので是非試してみてください。

白ニキビは隠れにくい。【30代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ触らないようにしていたら、どんどん大きくなり、化粧でも隠れなくなりました。
膿を出そうと自分で針を使ってやったら、血も出てしまい、傷が残ってしまいました。
膨らむと、ファンデーションも全く乗らないし、赤ニキビと違って、コンシーラーでも消しにくいです。
アケネ系の化粧水や洗顔フォームを使うようにしましたが、何も効果はありませんでした。
乾燥によるニキビだったのか、ハーバーのオイルを塗るようになったら、白ニキビができなくなりました。
ビタミンがたくさん入った無添加のジュースを夜に取るようにしてから、できにくくなった気がします。

厄介な白ニキビとの根競べ【20代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ白ニキビで困るのは、炎症した赤ニキビと比べて目立ちにくい分うっかりすぐ潰してしまうこと!
赤ニキビだと潰した後の肌ダメージが大きいのが自分でも分かるので気を付けるんですけど、白ニキビってわりと小さいものが多いので無意識に自分で引っ掻いてしまうこともあるんですよね〜。本当、厄介!
ショックなのは年齢と共にニキビ跡がずっと残ってしまうこと・・・
だから白ニキビを発見したら極力肌に触らないように気を付けてます!
あとはジャンクフード食べ過ぎてないか食事を見直したり、体の中からもアプローチしたり。
何せ段々治りにくくなってるものは最初から出来ないようにするのが一番(笑)
それでも出来てしまった時は緑茶や炭なんかのサッパリ洗い上がるような石鹸でよく洗ってます。
別に高価なものでなくても¥100ショップで売られてるものでも私は十分でしたよ。
それで洗顔後はニキビ部分だけ敢えて何も付けずにひたすら乾燥させて自然に撃退!
化粧水付ける場合、私はハトムギ化粧水使ってます。わりとサッパリしてるので夏場とかニキビを乾燥させたいような時にお勧めですよ〜。
目立ちにくいのにしっかり跡だけは残していくような憎き白ニキビとは、とにかく自然に引っ込むまで根競べです!

旦那のニキビにニベアの青缶を使っています。【30代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ旦那はスキンケアには無頓着な方で、良く顔や体がカサカサに乾燥している事があります。そうした影響で、白ニキビが出来ることもしばしばです。ニキビを見つけると、すぐに潰してしまい、治るのにかなり時間がかかっています。しかも痕に残っている事も多々あります。仕方ないので、見つけた際には私が使っているニベアの青缶を塗ってあげています。昔からニキビなどの肌荒れにはこれを使ってきました。個人的にはこれを塗っておくと、かなり治りも早いし、痕に残りにくいと思います。旦那ももう30過ぎているのですから、もう少し自分でスキンケアして欲しいものです。

ピーリング剤入りの化粧水を使用してみたところ…【20代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージもともと肌のきめが粗くて、ニキビができやすい私のお肌。一時期、あまりにもニキビが悪化して、皮膚科を受診したさいに、ニキビの治療薬とともに、ピーリング剤入りの化粧水の試供品をいただきました。この化粧水が私の肌に合っていたのか、こちらを使用してみると、肌の白ニキビが確実に減ってきているのを実感しました。結果として、赤ニキビになってしまうことも少なくなって本当に喜んでいまいた。

ところが、こちらの化粧水を毎日使用し続けていたら、肌が薄くなってしまったのか、なんだか肌の調子がいまいちになり、再び白ニキビができるようになってしまいました。一度肌をリセットしようと思い、ピーリング剤の入った化粧水の使用を中止し、とにかく肌への刺激を抑え、肌断食に近いことをしてみました。すると、白ニキビに詰まっていた角栓が浮き上がってきて、ぽろぽろと取れ始めたのです。

過ぎたるは及ばざるがごとし。今は、ピーリング剤入りの化粧水は、毎日ではなく、肌のごわつきが気になったときだけ使うようにしています。

白ニキビのカバー方法【40代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ白ニキビができるとメイクの時に、うまく隠しきれない、などということがある。
ボコッとした感じや、周りの赤み、つぶしてしまった後の赤み等、目立つ・・・。
私がケアとしてとっている白ニキビ(全てのニキビに対しても使えますね)のカバー方法があります。

まずはコンシーラーを塗る。勿論、下地を塗ってからですよ。
白ニキビの周りの赤い部分は、しっかり指でペタペタしてコンシーラーを馴染ませて下さいね。
その後にファンデーションを塗ります。
ファンデーションは地肌にあった色、コンシーラーは地肌より若干暗めが良いです。
そして、ニキビができた時のカバー方法、次の工程が重要です。
ファンデーションを塗った上から、またさらにコンシーラーを重ねます。
すると、ニキビが目立たなくなるのですねえ!
その上から軽くファンデーションを重ねても良いです。
メイク直しをする時もコンシーラーを最初に塗って、ファンデーションを重ねると綺麗にカバーできます!

白ニキビができるとメイクができなくなるのが嫌です。【10代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ私は顔によく白ニキビができます。普通の赤いニキビよりも潰れやすいですし、結構目立つので恥ずかしくて白ニキビができると本当に憂鬱になるほどです。

白ニキビで一番困るのはやっぱりメイクがその部分はできなくなることです。

普通のニキビはちょっとの刺激では何もならないのでパウダーファンデーションなどを薄く塗れるのですが、白ニキビはちょっとの刺激で潰れるので何もできなくなります。
なので、だいたいはスキンケアだけして何もつけずに外にでかけます。ですが、他人の視線が結構気になって本当に嫌です。

もういっそうの事つぶしてしまおうかとも考えるのですが、そうすると後々ニキビあとなどで困ることになるので、つぶさないように心がけています。

白ニキビでやってきたケア【20代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ白ニキビでやってきたケアは、ホルモンバランスをコントロールする事が抜本的な治療なので、男性ホルモンを抑制するためには、女性ホルモン優位の状況を維持する必要があるので、女性ホルモンであるエストロゲンか類似作用を持つイソフラボンといった成分を用いてホルモンバランスを整えました。すでに発生している白ニキビについては面皰圧出やホルモン療法による皮膚科の治療をしました。これは白ニキビ表面に針で穴を開け、さらにアクネプッシャーという道具で中身の皮脂を抜く治療で、これによって、肌表面を傷つけずに、白ニキビを除去しました。

白ニキビは化粧乗りも悪くなる。【30代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ白ニキビは赤ニキビほどで深刻では無いですが、出来てしまうと本当にショックですよね。

私は肌が荒れやすく、ニキビが出来やすい体質なので、割と軽度な白ニキビなどは肌にすぐポツポツと出来てしまいます。

化粧で隠そうとしても、白ニキビの所が盛り上がっているのでファンデーションでは隠し切れず、仕上がりが残念になってしまうこともしばしば…。

白ニキビのケアとしては、ニキビが出来てしまっても、なるべく直接手などで触らないようにしています。触ってしまうと、そこから雑菌が繁殖し、さらに悪質な赤ニキビになってしまうので絶対に厳禁です。

ニキビの体験・ケアについて【20代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ私は男兄弟のなかで育ったのでとてもお肉が好きで大学に進学して一人暮らしするまでは野菜を週に一回たべたらいいほうでした。
そんな私は顔がオイリー肌でいつもてかりが気になっていました。そのためあごとはなとおでこに白ニキビができやすくとてもなやんでました。
ですがそんな私がニキビを減らせたのは大学進学を機に野菜をほぼ毎日摂取するようになったのがまず挙げられます、
野菜も偏った種類ではなく様々な野菜を自分で購入しておいしく食べるのが趣味みたいに変化していきました。
それでお肌の調子はとてもよくなりました、ですが完璧にニキビができなくなってるわけではなく
時々ニキビができたりします、そんなときはDHCの直接ニキビに塗る薬を塗っています。匂いはあまりよくないのですがこれがなかなか効いていてとても気に入っています。
大学生になったのでいろいろ化粧も勉強していきたいと考えているのでニキビケアはこれからも続けたいですね。

白ニキビが大放出した夏【20代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ元々ニキビ肌ではありますが、それでも、そんなにドバっと顔中を覆うようなニキビが出たのは、ストレスがたまりやすかった受験生だった頃に一瞬なったくらいで、後はちょこちょこニキビができるというペースでした。

ところが、ある夏、5年ぶりの日本での夏となったからか、今までいた国とは違う、湿気が多い日本の夏に肌が耐えられなくなったようで、顔からデコルテにかけて白ニキビが大量放出しました。

しかもそれを寝ている間にひっかいてしまうと、真っ赤になって、痛々しい状態になるのです。それが数カ月続きステロイドなどを使って何とか跡かたもなくなくす事ができました。

背中の白ニキビが痛くてたまらない【20代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ昔はきれいな背中だったのですが、乾燥している地域に住んでいるからか、背中にもニキビができやすくなりました。そして、それはほとんどすべて白ニキビなのです。

白ニキビは赤ニキビ比べて見た目は落ち着いているものの、痛みは赤ニキビよりも痛いです。しかも背中ですから、服と擦れた時などに違和感を感じたり、痛みを伴ったり、そしてつぶすこともできない位置にあるので、アルコールなどを塗ったり、たくさん保湿して、自然に治癒してくれました。

ただ、背中の白ニキビの大きさが大きかったものは、今でも跡が残ってしまっているので残念です。

鼻にできた白ニキビをつぶしてしまった【30代 女性】

白ニキビに悩む人のイメージ鼻は皮脂が分泌しやすい場所ですから、ニキビができやすいのですが、とりわけ白ニキビが私の場合はよくできます。

そして、数ヶ月に1度、必ず大きな白ニキビができ、それが出てくる前から鼻に重みを感じるような痛みが伴うのです。そうすると、また白ニキビができる時期だと思うのですが、それが出てきた時に、気になってつぶしてしまった事があります。血が大量に出て、かなり目立つ傷になりました。

それを治すためには、アルコールと基礎化粧品を塗って、それを塗る時以外そこを触らないようにしたら数週間で元に戻りましたが、白ニキビはつぶしてはいけないと実感しました。